ホーム > 紅茶の基礎知識 > ブレンドティーについて

ブレンドティーについて

紅茶専門店で茶葉を量り売りしている場合を除き、あらかじめパッケージングされて販売されているものは、ほとんどブレンドティーです。紅茶の農作物のひとつであり、季節や気候などによってその品質は大きく異なるため、味や香りのバランスをとるために、ブレンドの技術は欠かせません。また、国の水質に合わせて紅茶がブレンドされることもあります。同じ紅茶でも、例えば軟水と硬水では味わいがまったく違ってくるからです。

もちろん、じぶんでブレンドすることも可能ですが、商品化されている紅茶は、そのメーカーが研究の末、専門のティーブレンダーによって茶葉を配合させたもの。プロの技が光る、いつ飲んでもおいしい紅茶です。

このブレンドティー、各メーカーからさまざまなものが出ており、種類は実に豊富。ここではたくさんのバリエーションの中から、代表的なものを紹介します。

ロイヤルブレンド
多くのメーカーで出しているブレンド。名前は多少違っても、ロイヤルブレンドという名のものは、上品でバランスのとれた味わいが特徴です。このロイヤルブレンドをメーカーの顔として販売しているところも多くあります。使用されている茶葉はダージリン、アッサムなどのインド茶にスリランカ茶を混ぜたものが主流になっています。
イングリッシュ・ブレックファスト
朝食用に作られたお茶で、目覚めの一杯にふさわしい濃い味わいのブレンドティーです。頭と体を目覚めさせてくれる濃厚なものが好まれます。イギリス人は紅茶をミルクで飲むことがほとんどないので、ミルクティーに合うようブレンドされています。インド茶とスリランカ茶がブレンドのベースですが、最近では、ケニアの茶葉を使うこともあります。
アフタヌーンティー
午後のひとときを楽しむのに最適な紅茶です。香り豊かなものが多く、ストレートでもミルクティーにしてもおいしいです。ケーキやビスケット、サンドイッチなどをおともに。
.
ページのトップへ戻る

紅茶の基礎知識 > ブレンドティーについて - 世界の紅茶