ホーム > 紅茶の基礎知識 > ティーカップの歴史

ティーカップの歴史

現在、ティーカップといえば、ほぼ同じ形状をしていますが、この形に落ち着くまでにはさまざまな変遷がありました。

最初は中国から輸入

西ヨーロッパに中国製の磁器が輸入されたのは、17世紀に中国から茶を運んだ商船がバラスト(船の安定性を保つために積む荷物)として運んだのが最初でした。英語で磁器のことを「china(チャイナ)」と呼ぶのは、それが中国から運ばれたものだからです。これらの磁器は茶とともに貴族階級の間に広まり、磁器=茶器として考えられるようになりました。


把手がつくまで

これら中国から運ばれた磁器には受け皿がついておらず、カップには把手もありませんでした。また、カップのサイズも非常に小さなものでした。これは、最初、茶が薬として扱われていたためです。こうした中国製の磁器を模倣した製品が数多くヨーロッパ各地の陶器製造業者たちによって製作されましたが、イギリスでは昔から酒類用として把手つきの大型カップが用いられていたために、茶用の陶器にも自然と把手つきが登場し始めたのです。


把手無しは、フォーマルなもの?

ヨーロッパでティーカップが作られるようになると、さまざまな大きさや形のものがTPOに応じて使い分けされるようになりました。しかし、フォーマルなお茶会では伝統的な把手無しの小さなカップが使われ続けました。把手のついた大型カップはあまり上品でないと考えられたのでしょう。しかし18世紀の終わりごろには、ほとんどのカップに把手がつくようになりました。


ブランドの歴史と製品

ウェッジウッド

スポード

ミントン

ロイヤルアルバート

ロイヤルドルトン

ロウレイズ

.
ページのトップへ戻る

紅茶の基礎知識 > ティーカップの歴史 - 世界の紅茶