ホーム > おいしい紅茶のいれ方 > ストレートティーのいれ方

ストレートティーのいれ方

リーフでいれるストレートティーは、全ての紅茶のいれ方の基本です。

【適した紅茶】
ダージリン  キーマン  ニルギリ  など長く撚られた茶葉


1、ティーポット、カップを温める

おいしい紅茶をいれるためには、お茶の温度はとても重要。ポットやカップが冷たいと、紅茶のもつ豊かな味や香りを引き出すことができません。

2、茶葉をいれる

茶葉の分量をはかりながら、ポットに入れます。基本は1カップ(150cc)に対して、ティースプーン1杯。

3、お湯を注ぐ

十分に沸騰したお湯をなるべく高い位置から勢いよく注ぎます。1℃でも温度を下げないように、ティーポットをやかんにできるだけ近づけます。

4、ティーコジーをかぶせる

ティーポットにふたをし、ティーコジーをかぶせます。これもティーポットを保温しておいしい紅茶に仕上げるためです。

5、茶葉を蒸らす

砂時計などを使って時間を正確に測ります。リーフタイプの場合は5分以上蒸らしてください。撚られた茶葉が開いたらOKです。

6、軽くかき混ぜる

蒸らし終えたら、いったんティーポットのふたを開けて軽くかき混ぜます。濃さを均一にするためなので、混ぜるのはあくまで軽く。

7、ストレーナーでこしながらカップに注ぐ

温めておいたカップに、ストレーナーを使って茶葉をこしながら注ぎます。ベストドロップと呼ばれる最後の一滴まで注ぎましょう。

.
ページのトップへ戻る

おいしい紅茶のいれ方 > ストレートティーのいれ方 - 世界の紅茶