ホーム > 紅茶の種類(産地別) > シャングリラ

シャングリラ

これからの注目株、繊細なネパールの紅茶

知る人ぞ知る、ハイレベルな茶葉を生産しているネパール

知名度の点からはまだまだそれほどではありませんが、ネパールは地理的にインドのダージリン地区と隣接しており、多くのネパール人がダージリン農園で働き、その技術を継承しているため、茶葉のレベルの高さはかなりのものです。
ネパールの紅茶生産の歴史は浅く、1910年ごろ、初めて農場が作られました。1977年には国営紅茶開発協会が設立され、年間生産量も1,000tを超え、年々ネパールの紅茶産業は着実に成長しています。日本でもここ数年、取り扱うショップが増えてきました。

シャングリラは、そんなネパールを代表する紅茶の一つ。やはり茶葉はダージリンに似ていますが、繊細な香りと特有のやさしい味わい、そしてナチュラルな趣を有しています。ダージリン同様、クオリティーシーズンがあり、年3回、春、夏、秋に茶葉が摘まれます。

.

主な農園と茶葉の種類

グランセ農園

グランセとは、シャクナゲのこと。ネパールの国花でもあり、この名前を冠した農園のお茶は、まさしく甘くフラワリーな香りが特徴です。オーガニックガーデンとしてドイツTUV(ラインランド技術検査協会)の認証を受けており、無農薬紅茶ならではの、体にしっくりなじむような味わいは、一度飲んだら病みつきになるでしょう。

マイイラームグランセ農園

インドとの国境を接するエリアにあるエステイト。豊かな土壌と正常な空気に恵まれたこの土地は、もともとは小さい個人農家の多いところで、この農家の人たち、グランセ農園の経営者、ドイツ、日本の会社の共同出資によって、2003年に紅茶製造工場がつくられました。有機栽培で丁寧に作られるここの紅茶は、いつも見た目が美しく状態がよいのが特徴です。

「シャングリラ」が購入可能なお店


「シャングリラ」に関するQ&A

Yahoo!知恵袋
Wikipedia

関連リンク

ハイレンジ
キームン
ダージリン
アッサム
.
ページのトップへ戻る

紅茶の種類(産地別) > シャングリラ - 世界の紅茶